花粉症の私がドライブデート

春になると暖かいので嬉しいのと反面、花粉症の症状が出て憂鬱な気分になる季節でもあります。

「あぁ、今年も花粉の季節になったなぁ」と思った時に思い出すのが、とある人と行ったドライブデートです。

知り合ったばかりで、その時は2回目か3回目くらいのデートだったと思います。

私は花粉の症状が出始めていて、外出がおっくうに感じる時期でした。

そんな時に、ドライブデートに誘われました。

「良い花見スポットがあるんだ」と楽しそうに言われ、その顔を見たら「行きたくない」なんて言えませんでした。

彼には悪いのですが、当日は雨かくもりにでもならないかなぁと思っていたのは、ここだけの秘密です。

長時間外にいると症状が重くなるので、当日は飲み薬を飲んで出発しました。

ところが飲み薬の副作用で眠くなってしまい、到着するまでにすでにフラフラ。

花見スポットに行っても、「きれいだな」と思うのと同じくらい「花粉症の症状がしんどいな」と思ってしまい、心の底から楽しむことができませんでした。

次第に鼻声になり目が充血しだした私の姿を見て、彼も「大丈夫?」と心配してくれて、早めに切り上げて帰ることになってしまいました。

お付き合いは発展することがなく、彼がその時のことをどんな風に思ったのかは分かりませんが、私は悪いことをしてしまったなと思っています。

車査定おすすめリンク?

初めてのドライブで悪戦苦闘

私が始めて免許を取得して、初めて車を購入して、初めて彼女とドライブをしたときの忘れられない思い出、いつまでも残っている記憶です。
免許を取得するのに恥ずかしい話ですが何度目かのことで取得できました。正直に言いますと8回目のことです;ですが取得できたときは嬉しかったです。

免許を獲得できたと言うことは、もちろん車が欲しくなります。私は新車を考えていたんですが、周りの皆は最初は、ぶつけたりするから中古にしといたほうが良いと言うので渋々そうすることにしたんです。
ですがその言葉通り的中して私はぶつけまくってました;そんな私も免許を取得する前から彼女が出来て取得したらドライブ行こうね!って約束してたので始めてのドライブに京都を選んだんです。
私のところからだと3時間ほどの下道ロードで私も長距離運転に対してドキドキしながら反面、彼女とドライブしてるって気持ちでもドキドキしてました。
そんな楽しい下道ロードでしたが次第に京都が近づいて来て京都の町並み、道路の混み具合、道の狭さに悪戦苦闘で関係の無いドキドキ間に包まれてしまい京都はもう少し私のドライビングテクニックが上がってから今度からは来ようと思いましたが、今は好きなときに彼女を連れて手馴れたドライブを楽しんでいます。

車のおすすめリンク集4

雨の日の免許試験にご用心

私の中で最も記憶に残っている自動車学校での出来事は、免許を取得するために実際の道路を走行していく実地試験です。

その日は視界が悪くなるような細かい雨がザーザーと朝から降っていました。
ですが、試験というものは日常生活のどのような場においても適切に運転を行わなければいけないという点を判断するものなので、天候がどんなものであれ中止になることはなく、よっぽどの出来事がない限りはそのまま通常通り開催されます。

初めての試験、緊張で高鳴る胸を抑えて大丈夫大丈夫と言い聞かせながら、走行を開始しました。
試験のポイントである右折・左折などの自己申告を頭に置きながら、落ち着いて行っていきました。

全ての要所を無事にクリアし、やった、あとはまっすぐ走って教習所へ帰るだけだぞ、とほっと息をついていたのも束の間でした。
突然、試験監督の教官に「メーター。」と一言言われました。

え?と思ってメーターを見てみると、なんと、速度が指定速度を超えていたのです。
私は雨などの環境の変化によっては滑りが早くなってしまうということをすっかり忘れていたのです。
そのせいでいつもどおり走行していた私は、スピード違反のような状態になってしまい大きく減点。
せっかくポイントはノーミスでクリアできたのに…と天候に左右されてしまいいい勉強になった試験でした。

  • 事故車査定のことなら
  • 改造車の買取ならここ
  • 高速でまさかの大渋滞!

    私は伊豆方面に行くときに高速で行こうと考えていました。自宅は埼玉県にあるので高速道路を使わないと4時間以上もかかるという調査結果になりました。
    そこで色々と調べていると東名高速道路を使っていくのが1番時間が短かったのでその方法を行くことにしました。

    http://xn--o9j0bk1l5bya4rpen126aof6c.net/
    http://www.legomug.gr.jp/festival4/

    しかし、運が悪く東名で事故が起こってしまいました。その影響で一車線、通行止めになってしまい車線が減ったためその分、1部の区域でとても混雑した状況になってしまいました。
    私は高速で早く行くためにせっかく高速料金を支払ったのに結果的に渋滞になってしまってとても残念な気持ちになりました。

    かかった時間が結果的に4時間ぐらいかかり、高速を使わない推定時間と変わらないだけの時間になってしまいました。
    こういうことがあるので私はできるだけ高速は使いたくないなとその時に思いました。

    思い出したくない・・・

    教習所での思い出は、苦い思い出しかない私です・・毎回送迎バスで揺られてこ一時間くらいの距離を行くのですが何分緊張しいの正確なもので毎回心臓をバクバクさせていました。

    教習所に到着すると気もそぞろに学科を受けハンコを貰って次の実技に挑むのですが何故かいつも口うるさい先生や態度の悪い先生に出くわしてしまうのです。
    もうここまで来たら性格の温厚な先生なんて居ないんじゃないの?思うくらいです。
    そんな威嚇してくる先生ばかりなもんで、こちらも思うように体が動かず毎回緊張しては、もっとリラックスしたら~とか愛想の欠片もない掛け声を掛けられ意気消沈していた私でした・・・車の免許を取得出来たときには、本当に喜びました、何に一番喜んでいたんだろ?
    きっともう嫌な思いしなくていいんだ!って思いが一番強かったと思います。そんな私のあまり嬉しくない思い出です・・・

  • 車 査定
  • 車 買取
  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報

  • Yahoo!